仕事・転職

【仕事と暮らし】転職しワークライフバランスが改善されて生活・暮らしはどう変化した?

僕は社会人になってからの1年半、建設業で働いていました。

1年間現場監督をして、その後6か月設計事務所に勤めていましたが、どちらも激務でした。

現在はワークライフバランスを求め転職し、社内SEの仕事をしています

ワークライフバランスについて
  • 仕事と生活の調和を図り、充実させること
  • 仕事と私生活における役割を果たすこと
  • ”楽な仕事をしてストレスを減らす”という意味ではない

転職の結果、僕のライフワークバランスはかなり改善され、仕事と私生活どちらも充実した毎日を送っています

この記事では『具体的にどんなことが改善されたのか?』について書いていこうと思います。

少しでも、激務・過労・ブラック企業で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

社会に出て1年半、ワークライフバランスが崩壊していた


まずは、今の職場に転職する前のワークライフバランスが完全に崩壊した生活をざっくり振り返ります。

施工管理(現場監督)だったときの働き方

朝5時半に家を出て、21時頃まで仕事
・祝日に仕事は当たり前で、祝日という感覚がなくなる
休日出勤も当たり前
・日曜日休めるかは土曜日まで分からない

設計事務所スタッフだったのときの働き方

・朝8時頃に家を出て、20時に一旦家に帰る
・ごはんを食べて21時ごろ職場に戻り、深夜1時〜2時頃まで仕事
就寝時間は深夜3時ごろ
休日出勤当たり前
・日曜日休めるかは分からない
サービス残業130〜150時間/月

こんな感じだったので、妻とゆっくり過ごすことも少なかったし、趣味をする時間もありませんでした

仕事への意欲も湧いてこなくて「なんのために仕事して、なんのために生きているんだろう」と考えることも多かったです。

ワークライフバランスは崩壊し、仕事と私生活がどちらも苦しくなっていました

そんなとき僕がブログを始めたきっかけでもあるFATHER LOGのニノさんの記事を読んで、ワークライフバランスを得るために転職することを決心しました。

>>建設業界は激務すぎ!? 辞めてこそ分かる「家族との時間の大切さ」

暮らしの変化や改善されたこと

そんな生活をしていた僕が、転職し建設業を離れ社内SEとなった今、ワークライフバランスが改善され公私ともに充実した毎日を過ごせるようになりました

仕事面の変化


仕事面の変化は、前向きに仕事に取り組めるようになり、充実感を得られるようになりました。

その理由は主に2つ。

・興味を持てる仕事を選んだから
・職場環境に恵まれているから

正直今の職場よりも条件が良かったり、慣れればできちゃうような仕事の求人はいくつもありました。

それでも社内SEという仕事を選んだのは「興味を持って仕事に取り組めそうだったから」です。

また、上司の人間性や労働時間など、職場環境がとても良いのです。

こればっかりは会社に入ってみないとわからないですが…

未経験で社内SEになったので勉強することばかりですが、前向きに仕事ができるようになり、毎日充実しています

健康面の変化

健康状態もかなり改善されました。

・肌荒れ、大人ニキビがおさまった
頭にモヤがかかっているような状態の解消
・友達に「大丈夫?」と心配されなくなった
・何事も前向きな思考ができるようになった

心身の健康状態が改善された理由は、この2つが大きいと感じています。

・十分な睡眠時間の確保
・過度なプレッシャーやストレスからの解放

転職前は帰宅が深夜1時〜2時くらいで、睡眠時間は3〜5時間ほど。徹夜してて、気づいたら職場で寝落ちしていた日も…

過度なプレッシャーやストレスもかなり感じていました。

今の職場に転職してからは、睡眠時間は毎日6〜7時間ほど確保できています

プレッシャーやストレスも、自分が成長するために必要だと思える範囲。

頭にモヤがかかり、会う友達みんなから「大丈夫か?」と心配されていたので、転職前はかなり危ない状態だったと思います。

みんなにめっちゃ心配されてました…

倒れる前に行動しましょう。健康な身体と心があってのお仕事です。

趣味編


転職して今の職場になってから、こんなにも趣味に当てる時間ができました。

雑記ブログを運営する
・カメラ/写真
週末料理をつくる
・映画や海外ドラマを見る
・本を読む

その理由はなんといってもこの2つ。

・労働時間がかなり少なくなった
・休日、祝日に仕事がお休みになった

転職前はサービス残業130〜150時間/月だったのが、今では10〜20時間/月になりました。

休日は月8日ほどで、祝日もお休みです。

おかげでたくさん趣味を楽しむための、心と時間の余裕ができました。

まとめ


この記事では、ワークライフバランスが改善されてからの暮らしの変化について書いてきました。

たくさん挙げた他にも、妻とゆっくり過ごしたり、友人と会う時間がふえました

僕のなかでは、この2つがもっとも大切なことでした

今では『私生活が充実する→仕事も前向きにも頑張れる→さらに私生活も充実していく』という最高の相互関係ができています。

もしも以前の僕のように、健康な身体と心を脅かしてまで働いているのなら、倒れてしまう前に行動して欲しいと思います。

あなたが本当に大切にしたいことを、大切にできる暮らしを実現するには、自ら行動するしかありません

日本で働く1人1人の人生が尊重され、充実感を得ながら暮らせる世の中になってほしいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。