転職

【転職】つらい仕事を3年は我慢して続けるべきか悩んだ時の考え方

この記事では、仕事がつらくても3年間は続けるべきなのか、僕の考えを書いていこうとおもいます。

「とりあえず3年は耐えよう…」「石の上にも3年って言うしな…」

新卒で入社して新しい環境や仕事に慣れてきたころ、転職しようか悩むことが1度はあると思います。そんなときに、この言葉に出会うことが多いですよね。
ですが、本当に3年は我慢して続けるべきでしょうか。

結論から言います。

ただひたすらに、つらい仕事を毎日耐えて3年間を棒にふる必要はありません。ただし、転職をする決断を焦るべきではない人もいます。

3年間は耐えて仕事を続けるべきなのか、おもいきって転職するべきなのか。最良の選択ができれば、20代のうちにチャレンジできること、経験できることが必ず多くなります。

実際に、僕は社会人2年目で2度の転職していますが、その選択をして本当に良かったとおもっています。
社会人2年目に2度転職した僕の職歴といまの仕事の話

今回は僕の経験をもとに、上記についての考えをまとめています。転職するタイミングを悩んでいる方にとって、少しでも参考になればとおもいます。

3年耐えて仕事を続ける必要がない人

  • ブラック企業に勤めている人
  • パワハラなどに苦しんでいる人
  • 転職する理由が明確で、将来のビジョンをしっかり持っている人

ブラック企業に勤めている人

労働時間が長すぎる、残業代が支給されないといったブラック企業で、3年耐えるのは、あなたの大切な時間を安売りしているだけです。僕は1日15~16時間働いて、残業代&賞与0円でした。

あなたにとっての3年間をもっと価値のあるものにできるはず。

「それは逃げだ。甘えだ。」とか言われるかもしれませんが、周りの雑音にすぎません。あなたの時間はあなただけのものです。僕は胸を張って「これは自身と家族のための、攻めの逃げだ!!」と言っていましたよ(笑)

パワハラなどに苦しんでいる人

まずは他の上司に相談してみるのも良いかと思いますが、それが難しいとか改善されなければ、パワハラに耐える必要は全くありません。いろいろと悩み苦しんでも、そのパワハラはコントロールできません。そのような上司によって3年間をつらいものにする必要はありません。

たしかに、どんな職場にも苦手な人は必ずいます。人と人なので。

しかしこの時代、「○○ハラスメント」に敏感になっている上司は多い印象です。

あなたがひとりの人間として、尊重され働ける職場がきっとあるはずです。

パワハラに耐える必要はありません。

転職する理由が明確で、将来のビジョンをしっかり持っている人

挑戦したいこと・大切にしたいことが明確なのに、それができず、3年は続けるべきか悩んでいるなら今すぐ行動に移すべきです。

例えば、世界一周するとか、ちがう職業に挑戦するとか。僕はワークライフバランス優先で、仕事もプライベート(家族)も大切にしたいとおもっていました。

学生の頃に決めた仕事が、「これが本当にやりたいことじゃない」と感じるのは間違ったことではないです。むしろ学生までの人生経験しかないのに、人生で本当にやりたいこと・ビジョンを描けている人はかなりすごい。

僕も大学で建築を学びましたが、現場監督と設計の仕事をしてから、未経験で社内SEになりました。今では仕事もプライベートも充実しています。

何事もやってみないとわからない。

やりたいことがあるのに、とりあえず3年と言って挑戦する機会を逃すのはもったいないです。

3年後、後悔しないような選択をすることをおすすめします。

転職を焦るべきではない人


3年耐えて仕事を続ける必要はないと言いましたが、必ずしも転職で悩むすべての人に当てはまるわけではありません。

  • その仕事でスキルを身につけたいとおもっているが、成果が出ない人
  • 転職をする目的が明確ではない人
  • 仕事はつまらないけど、プライベートの時間は確保できる人

その仕事でスキルを身につけたいとおもっているが、成果が出ない人

スキルを身につけたいとおもっている時点で、仕事に対して前向きな人だとおもいます。

たしかに、1年目、2年目では、満足できる成果を残すことができないかもしれません。

ですが少しでも仕事に対して前向きな気持ちがあるなら、後悔することのないよう納得できるまで続けるべきです。転職はそれからでも遅くはありません。

転職をする目的が明確ではない人

「とりあえずいまの仕事やめたい」という目的で転職をするのはおすすめできません。辞め癖がつきやすくなるパターンです。

なぜその仕事をやめたいのか。なぜ転職するのか。その理由と目的をしっかりと分析してみましょう。

僕を例に出すと、ざっくりとこんな感じです。

  • 転職したい理由:プライベートな時間がとれず、奥さんに負担をかけていたから(建設業・設計事務所)
  • 転職する目的:家族と過ごす時間を大切にできるようワークライフバランスを整えること

自己分析をしてみて、仕事をやめたい理由に対して、仕事をやめないで解決できる方法はないかを探ります。それでも転職をするのなら、どのように現状を改善したいのか?をしっかり考えましょう。この自己分析はノートに書きだすのがおすすめ。

具体的な理由や目的が明確ではないうちは、転職の決断を焦らないのがベターです。転職活動での面接で、この二つは必ず質問されますよ。

仕事はつまらないけど、プライベートの時間は確保できる人

仕事はつまらない。

でも、ブラック企業ではなくプライベートな時間が確保できるのであれば、なにか新しいことに挑戦したり、趣味に没頭してみると良いかもしれません。

休日は一日中寝てすごしたり、YouTubeやネットサーフィンに費やしているのなら、効果は期待できるはず。

まずは私生活を見なおして充実させることで、仕事に対してもポジティブになれるよう努力してみましょう。

まとめ:3年続けるか転職するか、前向きな選択を

「とりあえず3年」「石の上にも3年」
このような言葉は気にする必要はありません。

”とりあえず”で結論を出してしまうには、3年という時間はあまりにももったいないとおもいませんか?

時は金なりです。

3年は続ける、もしくは転職をする。このどちらを選択するとしても、前向きな選択をすることが重要です。

「3年後後悔しないか?」「3年後の自分は成長できているか?」

この2つを自問自答しながら自己分析をしてみると、きっといい選択ができます。

あなたの3年間が有意義なものになってくれたら幸いです。