ガジェット

【作例あり】SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN 開封の儀

僕のカメラはOlympus PEN Lite E-PL5というミラーレス一眼。

かれこれ7年ほど使用していて、今まで標準キットレンズを使用してきました。
※標準キットレンズっていうのは、本体とセットで売られているレンズで、性能的には…なレンズのことです。

そろそろ新しいカメラも欲しくなってきましたが、「まずはレンズを買ってみよう!」ということで、お値段もお手頃でレビューも良かった『SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN』 を購入してみました。

僕にとって初めてのレンズ購入となります!

この記事は開封~簡単なレンズのご紹介記事なので、こんなのもあるのね〜って感じで気軽に見ていってください。

SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DNってどんなレンズ?


細かいスペックや難しいことは割愛しますが、どんなレンズなのかさらっとご紹介します。

  • メイド・イン・ジャパンなミラーレスカメラ専用の単焦点広角レンズ
  • スナップ・ポートレート・風景など、あらゆるシーンで活躍します。
  • Amazonでは1万4000円台の価格で、初めてのレンズ購入にはぴったり。

コスパに優れていて、僕のように初めてレンズを購入する人には最適なレンズです。

単焦点レンズってなに?

簡単に言うと…
・ズームはできない=画角が決まっている
・明るいレンズと呼ばれ、室内や暗所でも手ブレしにくい
・ボケ味がいい!( 語彙力… )
レンズのことです。

↓もっと詳しく知りたい方は公式サイトのリンクを貼っておきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
SIGMA 公式サイト:Art 19mm F2.8 DN

SIGMA Art 19mm F2.8 DN いざ開封!

さっそく開けていきます。


箱の中身は以下の通り。

  • SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN
  • レンズフード
  • レンズ用ケース
  • 説明書・保証書

まずはレンズ。ミニマルで重厚感もあるデザイン。値段がかなり抑えられたレンズですが、チープさは感じません。


レンズをほこりや汚れから守るために、別売のレンズフィルターを装着します。ほこりが入らないように素早く装着します。

僕が購入したのは、Kenko PRO1D PROTECTOR(W)という商品。
必須アイテムですが消耗品だと思っているので、お手頃なものをチョイスしています。

装着完了。これでほこりや汚れもこわくない。

このレンズにはレンズフードとケースが付属していました。
ケースの底にはスポンジのようなものが入っており、レンズを衝撃からしっかり守ってくれます。付属品なのに、丁寧につくられている印象です。

Olympus PEN E-PL5に取り付けてみた

レンズをカメラに取り付けてみます。

※僕のカメラはOlympus製なのでマウントはマイクロフォーサーズを購入。


レンズフードも取り付けてみます。


やっぱりレンズフードをつけるとかっこいいですね。

マウントしてみた第一印象は、「重たくなっちゃった…」です。

ただし、それも良しと思えるほどのミニマルで洗練されたデザインとレンズに対しての期待感。
結局カメラやガジェット好きなので、サイズ感や重さは気になりませんでした。
カメラを持ってる感が増して、むしろニヤニヤしちゃってます。

それでも一眼レフなどに比べるとかなりコンパクトなので全然OKです。

キットレンズとの比較

実際に僕がこれまで使用してきた標準キットレンズと比較してみようと思います。

サイズ感

左が今まで使っていたキットレンズ、右が購入した単焦点レンズです。若干大きくなったかな?という感じ。

径(太さ)はSIGMAの単焦点レンズの方が太いので、手に持った時やカメラ本体に取り付けた時のずっしり感はあります。

パンケーキレンズ(厚みが3cmほどの薄いレンズ)を購入しようか悩んでましたが、結局レンズのサイズは大きくなりました。それでもかっこいいからヨシ!

取り付けた外観
まずはキットレンズを取り付けた状態。


次にSIGMA Art 19mm F2.8 DNを取り付けた状態。(※先ほどと同じ写真です)


やっぱりSIGMAの単焦点レンズを取り付けた状態の方が、カメラ!!って感じが増して、カッコいいですね。

まとめ

レンズを初めて購入して、カメラの楽しみ方が増えました。

このSIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN はレンズをまだ購入したことがない方にとてもおすすめです。

単焦点レンズとして性能も良く、口コミやレビューでも評価が高いし、1万5000円前後と手の届きやすい価格。

僕はこのレンズを購入してとても満足しています。

ただし、対応マウントが「マイクロフォーサーズ」か「ソニー Eマウント」なので、購入する際は持っているカメラが対応しているか確認するように注意してくださいね。

つぎは、しばらく使用してみて、使用感などレビュー記事を書こうと思います。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

おまけ:SIGMA Art 19mm F2.8 DNで撮影した写真・作例

先日、広島県の宮島へ遊びに行ったときに撮影した写真をちょっぴりお見せします。





フォーカスが合ってない…無念。(笑)