ファッション

旅行や通勤・通学におすすめのバックパック『GREGORY ALL DAY』|7年間の使用レビュー

だんだん暖かくなってきて、もうすぐ春ですね。

4月からの新生活に備えて、新しいバッグが欲しくなってくる時期です…これって僕だけですかね?(笑)

毎年そんな気持ちと物欲をおさえ、はや7年。大学生の頃に購入したGREGORYのバックパックをずっと使用してきました。

この記事では、春から学生になる方を中心に『なにか良いバッグないかな?』と考えている方に向けて、7年間使用している『GREGORY ALL DAY』のレビューを書いてみようと思います。

いいところ

  • タフで耐久性抜群
  • 大容量
  • 長時間背負っていても疲れにくい
  • 幅広いシーンで使える

気になるところ

  • 外ポケットが使いづらい
  • クッション性はない
  • 小物用収納が充実していない

タフでアウトドアなバックパック / GREGORY ALL DAY


カリフォルニア生まれのGREGORY。定番商品のバックパックからショルダーバッグまで、いろいろなバッグを取り扱っているアウトドアブランド。きっとご存知の方も多いはず。

僕が購入した『ALL DAY -オールデイ- 』は、アウトドアからタウンユースまで幅広く使用できるバックパックです。

仕様/スペック

  • サイズ:25.5W × 48H × 17.5D cm
  • 重さ:820g
  • 容量:22L

※GREGORY公式サイト調べ

カラー

カラー展開がかなり充実しています。ブラック・ネイビーなどの定番色から、迷彩柄や花柄などもあり、女性の方でもおしゃれに使えるデザインが見つかると思います。

僕が購入したのはブラック。超定番色だけど、使用するシーンを選ばないので、ブラックにしておいてよかったと思います。

価格

  • 公式サイト:¥18,360
  • Amazon/楽天:¥12,000~18,000前後

※2019年2月現在の価格

Amazon、楽天ともにカラーによって価格のバラつきがある印象。僕は楽天で、12000円ほどで購入しました。

購入から7年間使用しているので、月額にすると、なんと約166円!(笑)
ながく大切に使っていけるアイテムなので、今となってはかなり安い買い物になりました。

ALL DAYを7年使用して感じた4つのいいところ

7年間使用してもへこたれないタフさ


使用されている素材はナイロンかポリエステルがメイン。カラーによってどちらの素材が使用されているかは異なるようですが、どちらも耐久性に優れ劣化に強い作りになっています。

7年使用した今では、内部が繊維のほつれなど一部劣化している部分もありますが、外観はほとんど購入時のまま。ファスナーもYKK製で、噛み合わせなども劣化によるストレスを感じることはありません。

現在も通勤で毎日使用していますが、壊れそうな部分もなく、まだまだ現役で活躍してくれそうです。

1泊2日の旅行にも対応できる容量の22Lの収納力

背負った感覚は大きなサイズのバッグだとは感じないものの、容量22Lなので、しっかりと荷物が入ります。



この中には、セーター/トレーナー×2/パンツを詰め込んでいますが、まだまだ荷物は入ります。

4つのサイドコンプレッションストラップ


この左右4つのストラップにより、荷物の量に合わせてバッグの厚みを調整することができます。

収納ポケット

  • 外ポケット×1:縦型ジッパーポケット
  • 内ポケット×2:メッシュポケット・オープンポケット

外ポケットの縦型ジッパーポケットは、サイドコンプレッションストラップが干渉するので、すこし開閉しづらい印象。僕は取り出す頻度が少ないメガネケースやモバイルバッテリーなどを収納しています。

もしかすると、リュックの外ポケットなので、防犯的にあえてそのような仕様にしているのかもしれないですね。

内側にはメッシュポケットとオープンポケットがあります。オープンポケットにはiPadなどのタブレットやファイルを。メッシュポケットには財布やスマホなどを入れています。

背中に接する面にはパネルも入っているので、荷物を詰め込んでも背負い心地が安定していて、細やかな気遣いを感じるポイントです。

スマホやペンなど小物を収納するポケットは充実はしていません。小物類は文房具屋さんで購入した、バッグインバッグを使用して収納しています。

細かいことは気にせず荷物を詰め込んで、ガシガシ使える大容量の22Lです。

1泊2日の旅行ならこれで充分ですね。

長時間背負っても疲れにくいEVAショルダーストラップ



GREGORYの特徴でもあるEVAショルダーストラップ。耐久性に優れ、肉厚でクッション性が高いショルダーストラップです。

長時間背負っていても疲れにくく、肩が痛くなりにくいのはかなりおすすめポイントです。

何年たっても色褪せない、流行に左右されないデザイン


アウトドアブランドのGREGORYらしい外観。

流行に左右されないデザインなので、飽きることなく、何年経ってもお気に入りアイテムとして愛用しています。
カラーバリエーションも豊富なので、男女問わず好みのデザインがきっと見つかるはず。

アウトドアはもちろん、通勤・通学、タウンユースと幅広いシーンで使用できます。

formal
outdoor


まとめ

僕がこのバッグを購入したのが大学生になったころ。キャンパス内ではNORTH FACEのバッグを使用する人がかなり多かったので、それに逆行するようにチョイスしたGREGORYのバックパック。

当時は通学用に購入しましたが、このバッグを持っていろいろな場所に行きました。今では毎日通勤用バッグとして使用しています。

タフで耐久性抜群、これさえあればいろいろなシーンで使用できるのでかなりお得な買いものになりました。7年前の自分よ、ナイス!

あなたもお気に入りのアイテムを詰め込んで、いろいろな場所へ出かけてみませんか?

気になったら、ぜひチェックしてみてくださいね。