施工管理

施工管理は残業が多すぎ!若手施工管理にできること5つ【個人の努力は無意味】

施工管理って残業が多すぎてつらい…あきらめるしかないのかな。残業を減らす方法ってあるの?

本記事では、20代で施工管理をしている方のこういった悩みにお答えします。

  • 施工管理の残業はなくならない
  • 施工管理の残業を減らすためにやった5つのこと
  • 僕は施工管理は残業が多すぎて1年でやめた
僕は施工管理と設計事務所で働いたあと、建設業から逃げました
筆者について
  • 施工管理がきつくて新卒1年目でやめる
  • 設計事務所に転職して失敗
  • 転職エージェントを利用してIT系の仕事へ転職
  • 残業は月10時間程度で充実した生活を送っている

上記の経験をもとに、施工管理の残業を減らすためにやっていた些細な努力について書きました。

この記事が施工管理の残業で悩んでいるひとの参考になればうれしいです。

「施工管理をやめたい」と悩んでいる方は、下記の記事も読んでみてください。

施工管理をやめたいと毎日考えていた新卒1年目の体験談【やめたいなら、やめてもいい】 を読む>>

施工管理を辞めたいと毎日考えていた新卒1年目の体験談【辞めたいなら、辞めてもいい】「施工管理まじでやめたい...」と悩んでいるひとへ3つの選択肢をお伝えします。いまやるべき具体的な行動がわかります。筆者は施工管理を1年でやめました。本気で施工管理をやめたくて悩んでいるひとはぜひ読んでみてください。...

悲しい現実:生産性をあげても施工管理の残業は減らない

まず結論ですが、施工管理の残業がなくなることはないです。

施工管理の残業がなくならない理由は以下の通り。

  • シンプルに仕事量が多い
  • 工期は厳守しなければいけない
  • 自分の仕事ができるのは職人さんが帰ったあと
  • 現場でのトラブルがよく起きる

ひとつずつ見ていきましょう。

生産性をあげても残業は減らないのが現実です…

シンプルに仕事量が多い

施工管理の残業が減らない理由は、とにかく仕事量が多いです。

  • 施工図を書く
  • 工事の段取りを考える
  • 工事予算の管理
  • など…

僕は若手社員としての経験しかないですが、現場所長クラスになると考えることも作業も増えますよね…

施工管理をされている方には頭があがらない…

工期は厳守しなければいけない

施工管理は残業をしてでも工期は守らないといけません。

建設工事ってなかなか思い通りに進まないですよね。

  • 天候の影響
  • 設計変更
  • トラブル対応
  • など

これらを理由に工期を遅らせることはできないので、残業するしかなくなります。

自分の仕事ができるのは職人さんが帰ったあと

施工管理が自分の仕事ができるのは、職人さんが帰ったあと。

お昼は現場にでていることが多いから。

それが当たり前なので、定時退社なんて夢の話だとおもってました。

もはや残業っていう感覚も薄れてましたね…

現場でのトラブル対応が多い

施工管理の残業が減らないのは、現場でのトラブルが起きることも原因です。

昼間にトラブル対応に追われると、その日にやるべき仕事は残業してやらないといけません。

順調に工事が進むのがベストなんですが、なかなかそうもいかないですよね…

施工管理のときに残業を減らすためにやった5つのこと

僕が若手社員として施工管理をしていたころ、残業を減らすためにやっていた5つのことは以下になります。

  1. 雨の日は事務作業を片付ける
  2. CADソフトやExcelのショートカットを覚える
  3. 工事写真の整理はこまめにしておく
  4. 現場では便利な道具を使う
  5. 朝礼前や昼休けいに事務作業をする(非推奨)

ひとつずつ説明します。

雨の日は事務作業を片付ける

雨の日は事務作業を片付けるチャンス。

雨の日は、晴れの日よりは事務所にいる時間もふえますよね。

僕は雨の日に必死で事務作業をしていました。

雨の日はずっと現場事務所にいたかったです(笑)

CADソフトやExcelのショートカットを覚える

CADソフトやExcelのショートカットを覚えると生産性があがります。

クリックを何度もする必要がなくなるから。

CADソフトのショートカットを覚えるだけで、図面を書くのが早くなりましたよ。

最初はメモを見ながら覚えよう

工事写真の整理はこまめにしておく

工事写真はこまめに整理することを心がけていました。

後回しにして溜まってしまうと大変なことになります…

すきま時間に少しずつでも工事写真の整理はしておきましょう。

後回しにして、ひどい目にあいました…

現場では便利な道具を使う

現場でつかえる便利な道具があれば、どんどん活用しましょう。

便利な道具は作業を時短できます。

工事写真を撮るときに便利な手持ちのホワイトボードとか。

効率があがりそうな道具は活用しよう

朝礼前や昼休けいに事務作業をする(非推奨)

朝礼前や休憩時間に事務作業をする。

これは推奨しませんが、僕は残業したくなくてやってました…

とはいえ休憩はなくなるし業務時間外なので、おすすめはしないです。

そんな努力もむなしく残業することになりますが…

多すぎる残業に耐えられないなら、転職の準備を始めよう

もしも施工管理の残業の多さに耐えられないなら、少しずつ転職の準備を始めてみましょう。

いますぐ転職をする気がなくても、準備だけでも済ませておくことがポイント。

転職という選択肢があるだけでも、心に余裕ができます。

    転職の準備って?

  • 自己分析をしておく
  • 求人情報を見ておく
  • キャリアカウンセリングを受けてみる

ミイダスをつかえば、職務適性や自分の強みがわかる診断など、いろいろな診断が簡単にできます。

無料なので、最初の転職準備としてはハードルが低いですね。

残業続きの毎日に耐えられそうにないなら、この機会に転職の準備をしてみてくださいね。

>>ミイダスに無料登録して自己分析をするならこちらをクリック

転職準備についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

https://yuta-labo.com/career/tensyokujunbi/

僕は施工管理よりも残業が少ない企業に転職した

僕は施工管理をたった1年でやめて転職をしました。

施工管理をやめた理由
  • 残業があたりまえな働き方が嫌だった
  • 個人の努力では残業は減らないとわかった
  • 将来が不安になった
  • 消耗し続ける人生を変えたかった

施工管理としての働いていたとき、精神も体力も削りつづけるような毎日でした。

施工管理をやめて建設業から逃げましたが、いまでは残業は月に10時間くらいでプライベートな時間もふえてめっちゃ充実しています。

そんな生活ができているのは、転職エージェントにサポートしてもらうことで転職に成功したから。

「いますぐにでも辞めたい」という方は、転職エージェントをつかえば、転職活動をフルサポートしてくれますよ。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

転職エージェントとは?利用するメリット・デメリットなどを詳しく解説
20代におすすめの転職エージェント5選

20代におすすめの転職エージェント5選 転職エージェントっていろんなサービスがありますが、なにがいいのか分かりませんよね。 この記事では、20代におすすめの転職エ...

まとめ

施工管理という仕事は残業がつきもの。

ですが、いくら個人の生産性をあげても、なかなか残業が減らないのが現実です。

施工管理という仕事に情熱をそそげるなら別ですが、『残業ばかりで消耗している』と感じるひとは思いきって転職してもいいかもしれませんね。

施工管理を辞めたいと毎日考えていた新卒1年目の体験談【辞めたいなら、辞めてもいい】「施工管理まじでやめたい...」と悩んでいるひとへ3つの選択肢をお伝えします。いまやるべき具体的な行動がわかります。筆者は施工管理を1年でやめました。本気で施工管理をやめたくて悩んでいるひとはぜひ読んでみてください。...