施工管理

「施工管理がきつい・つらい」と悩むんだらやるべき3つのこと【具体的な行動です】

施工管理の仕事きついし、マジでつらい。けど、転職するべきかどうかもわからないし、どうしたら良いかわからなくて悩んでばかり…

本記事では、20代で施工管理をしている方の、こういった悩みにお答えします。

  • 施工管理の仕事で悩んだらやるべき3つのこと
  • 施工管理がきつい・つらいと感じるのは甘え?
  • 施工管理がつらいなら、やめてもいい
  • 転職に失敗したらどうするの?失敗しないためには?
ぼくは施工管理から設計事務所へ転職して失敗し、建設業を離れました!
筆者について
  • 施工管理がきつくて新卒1年で建設会社をやめる
  • 設計事務所に転職するも1年足らずでやめる
  • 転職エージェントを利用してホワイト企業へ転職成功
  • IT関係の仕事をしつつ充実した生活を送っている

上記の経験をもとに、施工管理がきつい・つらいと悩んだときにやるべき3つの具体的な行動を解説します。

この記事を読んで、施工管理の仕事に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

20代&第二新卒におすすめの転職エージェント5選 この記事では、このような悩みにお答えします。 転職エージェントは1つに絞る必要なし 20代におすすめの転職エージ...

「施工管理がきつい・つらい」と悩んだらやるべき3つのこと

「施工管理の仕事がきつい…つらいな…」と感じたとき、いろんな悩みが出てくると思います。

そんなときに、やってみてほしいことは以下の3つになります。

  1. 悩みすぎるのは時間の無駄だと気づくこと
  2. やりたいことリストを作ること
  3. 施工管理を続けるべきか判断すること

ぼくもこの3つを実践したことで、建設業をやめる決断ができました。

建設業を離れた今では、仕事もプライベートもかなり充実した生活をしています。

それでは上記の3つを、順番に説明していきます。

悩みすぎるのは時間の無駄だと気づくこと

悩みすぎることは、時間の無駄ですし、メリットはほぼありません。

どれだけ時間をかけて悩んでも、現実はなにも変わらないからです。

悩みは頭の中でどんどん大きくなって、行動できなくなります。

悩みすぎることは、時間がもったいないということに気づいておきましょう。

とはいえ、簡単ではないとおもうので、”悩む”ことについてもう少し説明していきます。

人が悩むのは未来か過去のことが多い

「施工管理がつらいな…」と感じたときに悩むことって、だいたい過去か未来のことなんです。

  • 転職して失敗したらどうしよう?→未来
  • 3年耐えたら楽になるかな…?→未来
  • ここまで頑張ってきたのに、やめたらもったいないかな?→過去
  • 大学まで通ったのに、やめたらもったいないかな?→過去

「もったいない」「不安」といった気持ちから、悩みが生まれていますね。

しかし、どれだけ悩んでも、過去は変えられないし、未来のことはわかりません。

大切なのは、行動して少しずつ未来を変えていくことです。

悩みすぎると行動できなくなる

過去や未来のことで悩みすぎると、行動できなくなります。

行動して変化することへの不安が大きくなるからです。

その結果、施工管理という仕事がつらくても、そのまま施工管理として働くことを選んでしまいます。

このように、悩みすぎて不安が大きくなる前に、おもいきって行動していきましょう。

施工管理時代の先輩の話

ぼくが施工管理だったころの先輩は、「やめたい。転職したい。」といつも悩んでいました。

あれから数年が経ちますが、その先輩はおなじ悩みを抱えながら今も施工管理をしています。

悩んでいた数年前と、なにも変わってないんですよね。

悩みすぎることに時間を使うのはもったいないと気づくことができれば、あとは行動するのみです。

ここからは、具体的な行動について説明していきます。

やりたいことリストを作る

まずはやりたいことリストを作りましょう。

  • 箇条書きでOK
  • 仕事、趣味などなんでもOK
  • おもいつく限り、書き出してみる
  • 個人的には紙に書き出すのがおすすめ

やりたいことリストを作ることで、自分がどんな生活を送りたいのか、再認識できます。

例えば、ぼくのやりたいことリストの一部はこんな感じです。

  • 週末くらい家族とゆっくり過ごしたい
  • 朝ごはんはゆっくり食べたい
  • 将来は子どもとたくさん遊びたい
  • お金よりも時間を大切にしたい

自分がどんな生活や人生を望んでいるのか整理できるので、やりたいことリストを作ってみましょう。

施工管理を続けるべきか判断する

やりたいことリストを作ったら、施工管理を続けて、やりたいことができるのかイメージしてみましょう。

そうすれば、施工管理を続けるべきか、やめるべきかを判断できます。

例えば、「大規模な建設の管理がしてみたい」があるなら、「施工管理を続けてスキルアップをする必要がある」と判断できますよね。

ぼくの場合、「将来は子どもとたくさん遊びたい」とあります。

施工管理の仕事をしていては、子どもとたくさん遊んであげているイメージは沸きませんでした。

施工管理を続けて自分のやりたいことができるのか?と考えれば、施工管理を続けるべきか、やめるべきか判断できますね。

将来の自分と現在の上司を重ねると、イメージしやすくなりますよ。

施工管理がきつい・つらいと感じるのは甘えじゃない

施工管理がきつい・つらいと感じるのは、決して甘えじゃありません。

施工管理は激務なので、きついと感じて当たり前です。

  • 労働時間が長い
  • 休日が少ない
  • 体力を消耗する
  • 精神的にもきつい
  • 責任が重い
  • etc…

現在、ぼくは建設業をやめて普通のサラリーマンをしていますが、施工管理は本当にきつい仕事だったと改めて感じています。

施工管理がきつい・つらいと悩むことは、決して甘えなんかじゃないですよ。

施工管理がつらいなら、やめてもいい

施工管理がきついなら、無理して続けることもないです。やめてもいいんです。

  • 心と身体の健康がいちばん大切
  • 施工管理に人生を捧げる必要はない

いろんなことを犠牲にしてまで、施工管理の仕事を続けるメリットってないんですよね。

悩むと視野が狭くなりがちですが、施工管理だけが仕事じゃないですよ。

>>「施工管理がきつい・やめたいなら悩まず転職すべき【ぼくは1年でやめた】」はこちら

転職して失敗したらどうするの?

転職をして失敗したら、どうするの?と思われるかもしれませんが、そうなればまた行動するのみです。

生きていれば、不安・不満・悩みは必ず感じるものなので、常に行動して改善するしかありません。

恥ずかしいですが、ぼくは施工管理から設計事務所に転職していますが、かなりの大失敗をしています。

設計事務所も超ブラックで、かなりきつかったんです。

それでもあきらめず、もう一度転職をした結果、いまでは仕事もプライベートもかなり充実した生活を送っています。

2度も転職に失敗したくなかったので、転職エージェントを利用しました。

転職エージェントは無料だし、失敗する確率をかなり低くできるので、利用しないのはもったいないですね。

>>「20代&第二新卒におすすめの転職エージェント5選」はこちら

20代&第二新卒におすすめの転職エージェント5選 この記事では、このような悩みにお答えします。 転職エージェントは1つに絞る必要なし 20代におすすめの転職エージ...

まとめ

悩んでいる時間は、本当にもったいないので、まずはこの記事でご紹介した3つのことをやってみてください。

  1. 悩みすぎるのは時間の無駄だと気づくこと
  2. やりたいことリストを作ること
  3. 施工管理を続けるべきか判断すること

失敗をおそれて行動せず、つらい働き方を受け入れるほうがもったいないです。

施工管理をやめて転職するなら、転職エージェントも活用してみましょう。

20代&第二新卒におすすめの転職エージェント5選 この記事では、このような悩みにお答えします。 転職エージェントは1つに絞る必要なし 20代におすすめの転職エージ...