施工管理

【激務】施工管理がブラックだと感じたらやるべきこと3つ

施工管理の仕事がブラックすぎる…こんな辛い働き方から抜け出す方法はないかな。

この記事では20代で施工管理をしているひと向けに、上記ような悩みにお答えします。

  • 施工管理がブラックだと感じたらやるべきこと3つ
  • 施工管理がブラックだと感じた4つの理由
ぼくは新卒1年で施工管理をやめました。
筆者について
  • 新卒1年で施工管理をやめる
  • 設計事務所に転職し1年足らずでやめる
  • 転職エージェントをつかって異業種へ転職
  • いまは残業が少ない企業で働いている

上記の経験から、施工管理がブラックだと感じたときにできることを3つお伝えします。

働き方に悩む20代・施工管理のひとの参考になればうれしいです。

施工管理がブラックだと感じたらやるべきこと3つ

施工管理がブラックだと感じたらやるべきことは以下の3つです。

  • 住宅部門に異動できるか相談してみる
  • 営業や設計に異動できないか相談してみる
  • おもいきって転職する
ひとつずつ説明します。

住宅部門に異動できるか相談してみる

会社に住宅部門があれば異動できないか上司に相談してみましょう。
※工場・マンションなど大型物件の施工管理をしている場合

大型物件と住宅の施工管理ではハードさがちがいます。

住宅部門に異動するメリットとデメリットは以下の通り。

▽メリット
  • 現場が遠方になりにくい
  • 大型物件よりプレッシャーは少ない
  • 物件の規模が小さいから働き方もかわる(?)
▽デメリット
  • 結局は施工管理
  • 住宅業界は伸びしろがない
  • アフターフォローも必要
  • 会社に住宅部門がなければムリ

ぼくが就職した建設会社には大型物件の部門と住宅部門がありました。
住宅部のほうが土曜日も休みだったりと少しゆるめだった印象です。

とはいえ住宅の施工管理も大変そうでした。

もしもあなたの会社に住宅部門があるなら、どんな風に働いているか聞いてみるのもありですね。

営業や設計の部署に異動できないか相談してみる

施工管理ではなく、営業や設計の部署があれば異動できないか相談してみましょう。

メリットとデメリットは以下の通り。

▽メリット
  • 現場経験が活かせる
  • 肉体労働がほぼない
▽デメリット
  • 設計は夜遅くなることもある
  • 営業・設計の部署がないと無理

施工管理の経験は営業でも設計でも活かすことができます。

施工管理が陥りやすいブラックな働き方からも解放されるかもしれません。

ただし、ぼくは施工管理をやめて設計事務所へ転職しましたが、設計の仕事もかなり激務です。

社内に営業や設計の部署があるなら、そこで働く方に相談してみるのがおすすめです。

おもいきって転職してみる

会社内で異動することをお伝えしましたが、おもいきって転職することも考えてみましょう。

  • 異動しても同僚からの目線がイタい
  • 会社がブラックなら異動しても無意味
  • 転職エージェントをつかえばブラック企業を避けやすい

転職は不安だし、なかなか行動できませんよね。

ぼくは転職エージェントにサポートしてもらうことでスムーズに転職活動ができました。

ブラック企業で我慢し続けるのはかなり損をしています。

おもいきって転職することも考えてみましょう。

【経験談】施工管理がブラックだと感じた4つのこと

ぼくが施工管理をしていたときにブラックだと感じたことは以下の通り。

  • 週休1日があたりまえ
  • 残業が多すぎる
  • 就業時間は無視
  • 有給休暇はつかえない
ひとつずつ説明します。

週休1日があたりまえ

施工管理は週休1日があたりまえです。

日曜日だけが休みで、土曜日・祝日は関係なく仕事です。

現場の状況によっては日曜日も出勤することも普通にあります。

ストレスも多い仕事なのにリフレッシュする時間もない。

こんな感じで施工管理は週休1日があたりまえでした。

残業が多すぎる

施工管理は残業も多い。

やるべき仕事が多いのに、お昼は現場に出ていて自分の仕事が進まないからです。

そうなると自分の仕事を進めるのは職人さんが帰ったあとに残業してやらなければいけない。

施工管理のなかではわりと”あるある”ですよね。

就業時間は無視

ぼくが施工管理として勤めていた会社は就業時間は無視でした。

17時が定時でしたが『19時から集まって会議スタート』とかも普通にありました。

朝7時には現場にいないといけないのも施工管理あるあるのひとつ。

今考えると就業時間はあってないようなものでした。

有給休暇はつかえない

施工管理だったころ有給休暇なんてつかえませんでした。

現場には毎日いろんな職人さんが来るし、現場はストップできないので休むことができないんですよね。

働き方改革で有給休暇がつかいやすい会社も増えているかもしれませんが、現場に縛られる仕事なので『有給休暇を消化しにくい』のが現実ですね。

まとめ

この記事では施工管理がブラックだと感じたらやるべきこと3つというテーマで書きました。

  • 住宅部門に異動できないか相談してみる
  • 営業や設計に異動できないか相談してみる
  • おもいきって転職してみる

ぼくは、この3つの中で転職という選択をしました。

ほとんどの人は転職が不安だから行動できずにブラックな仕事を続けてしまいます。

なので、いまは転職する気がなくても転職サイトなどに登録しておくのがベストです

ストレスが限界になったとき、転職サイトに登録する気力すらなくなります。

普段から求人情報を見ておけば、転職という選択肢があるので病んでしまう前に行動できますよ。

転職サイトは5分もあれば登録できるし登録無料

まずは有名なマイナビエージェントあたりから登録してみましょう。

\登録フォームはいちばん下までスクロール/

マイナビエージェント >>