暮らし

【2022年春までのこと】父との突然の別れと、残してくれたもの

こんにちは、ユタカ(@yutakalabo)です。

前回、「独立します!」みたいな記事を出してからはや4ヶ月。

現在はフリーランスとして生きているわけですが、すでにたくさんの出来事があって気分は大晦日です。

タイトルにもある通り、ちょっと暗い話もありますがここに書き記しておくことにします。

暇な方はお付き合いくださいませ!

1月 – 会社を退職してフリーランスに

前回の記事に書いた通り、1月で会社への出社は最後となり、退職しました。

【ブログ休止の理由】2021年の振り返りと2022年に向けてお久しぶりです、ユタカ(@yutakalabo)です。 この記事を公開している頃は2022年かな。あけおめです! 2021年...

「独立するので会社を辞めさせてください」って言ってから割とトントン拍子に退職が決まりました。

勢いも大事。

2月 – 突然の父との別れ

2月は有給休暇の消化期間ということもあって、平日にスパイダーマンの映画を見に行ったり、かなりゆっくりと生活していました。

そんなある日、実家で一人暮らしをしていた父としばらく連絡が取れなくなり、実家に様子を見に行ったんですが、結果的に突然のお別れとなりました。63歳という若さでした。

数日前に会った時には元気だったんだけど。

もう3年分くらいは泣いたと思います。

父は30年以上フリーランスとして戦い抜いた人だった

父も個人事業主として30年以上仕事をしていました。最後まで現役でした。

フリーランスや在宅勤務なんて言葉が今では普通だけど、僕が生まれる前から自宅で仕事をしていて、子ども3人を育て上げてくれました。

仕事の合間によく遊んでくれていたんですよね。

実は僕の兄も4月から起業していて、僕たち兄弟はそんな父の背中を追いかけていたんだと思います。

「これからどんどん仕事をして話を聞いてもらおう」って思っていた矢先だったので、悔しいですね。

まぁ多分どっかで見守ってくれていると思います。

3月 – 仕事と家事に追われる日々

父が亡くなった後の、クレジットカードの解約とか銀行口座の件とか、諸々の対応をしながらも、自分の仕事もこなしつつ忙しい毎日を送っていました。

そんな中で子どもと公園へ行ったり、iPhoneを1円でゲットしたりして、少しずつメンタル回復していきました。

こういう時は子どもの無邪気さに救われますよね。

4月 – コロナになっちゃう

とうとう来ました、我が家にコロナが。

息子の保育園で発生したので、防ぎようがなかった。。。

今は家族みんな体調も戻り、自宅待機期間が過ぎ去るのを待っています。

早く日常生活に戻りたいですね。

父が残してくれた場所と、これからのこと

父が生前、仕事場として使っていた事務所を引き継ぐことになりました。

とりあえずモノが多すぎて片付けから大変なんですが、オフィス構築の過程をYouTubeでアップするのも良いかなと思ってます。DIYもしなきゃだし。

個人的には、今の事務所の様子を動画として残すだけでも価値があると思うから。

重い腰を上げて、夏までにはYouTubeチャンネル立ち上げたいところです。

いろいろあるけど頑張ろ

はい、ちょっと暗い話になってごめんなさい。

今は毎日が楽しいです\(^^)/

いろいろあるけど、楽しみつつ頑張ります。

まずは動画編集やってみよ。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!では!