暮らし

【カメラ】新婚旅行で行くオーストラリア・ケアンズに持っていくカメラたち

突然ですが近々オーストラリアのケアンズへ、新婚旅行に行ってきます!!

そこで、この記事では僕がケアンズに持っていくカメラたちを紹介したいと思います。

今回はかなりあっさりした記事になってます。

難しいことは抜きにして書いているので「ふ〜ん、そうなのね」という感じで読んでみてくださいね。

僕がケアンズに持っていくカメラたち


まずはミラーレス一眼の『OLYMPUS PEN Lite E-PL5』です。

このカメラは僕の1番の相棒で、大学2年生の頃に購入してから約7年間、いまでも大切に使っているカメラ。

このカメラのいいところ

  • 軽くてコンパクトだから旅行に最適
  • 手軽に本格的な写真撮影ができる
  • レンズを交換する楽しさも味わえる

 
少し古い機種にはなるけど、旅行の時はいつも大活躍だし、まだまだ相棒として使っていきたいカメラ。

そしてマウントしているレンズは『SIGMA Art 19mm 』という単焦点レンズ。
僕が初めて購入したレンズです。

国内生産にこだわっていて、写りも良くてコスパ抜群!

このレンズのおかげで、カメラのレンズを交換する楽しさを味わうことができました。

写りも良くてすごく気に入っているので、最近はこのレンズを外すことはほとんどありません。

↓開封記事も書いているのでお時間のあるときにでも、のぞいてみてくださいね。
【作例あり】SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN 開封の儀

ケアンズにはフィルムカメラも持っていくことにしました。
それがこの『MINOLTA X-700』です。

このカメラは僕が大学生の頃に、父から譲り受けました。
たしか父が30歳の頃に使っていたそうです。

僕はここ1年くらいで、このフィルムカメラで写真を撮ることが多くなりました。

このカメラのいいところ

  • フィルム独特な雰囲気の写真が撮れる
  • 現像するまで仕上がりが分からないから楽しみ
  • 思いがけずいい写真が撮れたときの嬉しさがすごい

 
ちょっと重たいし、ミラーレス一眼と2台持ちは厳しいかな…と相当悩みました。

でも「一生に一度の新婚旅行だし、オーストラリアの風景をフィルム写真で残したい!」と思い持っていくことをにしました。

ちなみにフィルムは『FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400』の36枚撮りを3本持っていきます。

「でもやっぱり常にカメラ2台持ちはつらいだろうし、奥さんの視点でもフィルム写真を撮ってほしい」

ということで『写ルンです』も2つ持っていきます。

このカメラのいいところ

  • 軽くて小さい
  • レバーを巻き上げてシャッターを切るだけ

 
これなら奥さんもパシャパシャ撮影できるし、どんな写真が撮れたのか分からない楽しさも一緒に共有できますね。

そして最後はやっぱり『iPhone6S』のカメラです。

旅行のときはカメラを常に持ち歩くので、iPhone6Sで撮る写真はいつも少なめになります。

このカメラ(iPhone6S)のいいところ

  • パッと撮りたいときに便利
  • そのままSNSに投稿しやすい

 
また、写真や動画を手軽にSNSに投稿できるので、旅先ではSNS用に使うことが多くなります。

僕のiPhone6Sはポートレートモードもないし、カメラの性能としては今ひとつ。

だけど、パッと撮りたいときはやっぱり使っちゃいますね(笑)

まとめ

というわけで、僕はオーストラリアへ3種類のカメラを持っていきます。(iPhoneはのぞく)

荷物にならないかだけが不安…
ですが、オーストラリアでフィルム写真を撮れるチャンスはこれで最後かもしれないので、がんばって持っていきます!!

また帰国したら、このブログやツイッターで写真をのせたいと思いますので、また遊びに来てくださいね。

おまけ

最近フィルムカメラで撮影した写真をちょこっと公開。




 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。